レストラン

日本大通り駅のカフェドゥプレス(CAFÉ de la PRESSE)で「記者たちのカフェ」を。

あっという間に梅雨があけ、本格的な夏が始まろうとしている6月最終日。

日焼け止めも、日傘もばっちりで彼女と一緒に家を出て向かった先は、みなとみらい線の日本大通り駅から徒歩1分の場所にある「カフェドゥプレス」というクラシカル&ヨーロピアンスタイルのお店。雰囲気、お料理、とても素敵なお店で僕のお気に入りの1つです。

今回も皆様に素敵なお店の紹介を交えながら、横濱の魅力をお伝えできればと思います。

日本大通り駅

日本大通り駅は東急東横線直結のみなとみらい線の終着駅から一つ手前にある駅で、神奈川県庁などが位置する官庁街となっています。

「官庁街」と聞くと少し硬苦しくビジネス街なのかな?と思われがちなのですが実はそんなことはなく、開港の地の近くというだけあって、立ち並ぶ建物はどこかしら異国を思わせるつくりになっており、歩いてお散歩するだけでも楽しめるのが素敵なポイント。

大通りの道沿いにはテラス席になっているお店もたくさんあって、天気の良い日は犬の散歩がてらテラスでお茶やランチをされている人たちがたくさんいらっしゃいます。

また、少し海側に歩いていけばすぐに山下公園にたどり着くので、晴れた日にはそこでまったり過ごすのも素敵な時間になるに違いありませんね。

CAFÉ de la PRESSE

今回ご紹介するカフェもクラシックな異国情緒溢れる建物、日本新聞博物館の2階にあります。実は1階にも素敵なレストランが2つ入っているのでいずれご紹介できればと思います。

写真を見るとわかるように天井がたかく広々とした空間。1歩店内に足を踏み入れると、建物自体のつくりを活かした素敵でクラシカルな雰囲気が広がります。

僕達が入店したのは12時過ぎ。11時30分から開店されるのですが、すでにランチメニューは品切れでいくつかのデザートもすでに品切れ状態。

数をそこまで出さないお店とのことだったので、もしお目当てのお料理があるなら開店に合わせて入店できるように時間に余裕を持っていらっしゃると良いでしょう。

天井からぶら下がるシャンデリアがとても綺麗。

 

今回は中央あたりの席でしたが、窓際の席から眺める銀杏並木や県庁の風景も素敵ですのでもし空いていたら必ず窓際の席に通していただきましょう。

窓際の壁にかかっている絵や写真も見ていて人を飽きさせません、むしろ惹き込まれている。

実はこのお店、ケーキやマカロン、洋菓子のみをテイクアウトもできるようで、それをお目当てに来店される方もちらほらと見かけました。

キッシュと記者たちのカフェを

今回はランチメニューが終わってしまっていたので、それぞれキッシュとデザートと飲み物を注文しました。

メニュー表を見るとわかるように「弁護士たちのカフェ」「記者たちのカフェ」「裁判官たちのカフェ」とネーミングがおしゃれなものが並んでいます。

僕はお酒が苦手ですので「記者たちのカフェ」(ダブルエスプレッソとスチームミルク)、デザートに「エモア」を。彼女はグレープフルーツジュースにクリームブリュレをオーダーしました。

キッシュは焼きたて、野菜の旨味がとっても美味しく、ぺろりと平らげてしまいました。これなら3個くらいは軽く食べてしまうことができそうです。

そしてこちらが記者たちのカフェ。

エスプレッソとスチームミルクが別々になっており、各々好きな量で調節してお召し上がりくださいとのこと。

こんな形でエスプレッソを提供されたことはなかったので素直に面白い体験ができたということもありますし、コーヒーカップからエスプレッソやスチームミルクが入っている器まで、全てが統一されていてとてもお上品。

エスプレッソを注ぎます。

スチームミルクを注ぎます。

出来上がり!

最初はミルクは半分ほどにしてエスプレッソ自体の苦味を楽しみつつ、最後に全てのミルクをいれてクリーミーにいただきました。

何度も繰り返しますが、エスプレッソでこのような体験をしたことがなかったので新鮮で楽しかったですし、何より美味しかった。

もしこのカフェにいらっしゃる際はぜひ「〜たちのカフェ」シリーズを注文してみてください。他のカフェでは体験できないですし、味も間違いありませんよ。

大人なエモア、クリームブリュレ

このエモアというケーキ、ハートの形で可愛いのですが味は大人目。しっとり、そして甘すぎないココアのムースがいちごソースの下に隠れています。上に乗っているいちご自体はとっても甘く全体のアクセントになっていました。

そして彼女はクリームブリュレ。

「The クリームブリュレ」という外観。甘すぎず卵の味が活きていて上のカラメル層が似が甘く味を引き立ててくれます。

両方のデザートとも、盛り付けられているお皿がしっかりと冷やされており、お店側の細かい気配りにとても感動しました。

味はもちろんのことですが、このように小さな細かい部分でもお客さんに配慮してくださっている姿勢や店員さんの心遣いに感動します、本当に素敵なお店だと思わずにはいられませんでした。

まとめ

ポイント

・異国情緒溢れる素敵な空間!
・早めの時間に入店した方が吉!
・「〜たちのカフェ」がおすすめ!
・デザートはお持ち帰りも可能!

桜木町に引っ越してから様々なお店を開拓していますが、都内とはお店の雰囲気も、いる人も全く違っていて、横濱独自の色が見られるお店がたくさんあるのだと実感します。

日本大通り駅という、特別な用事が無い限りはなかなか降りない駅かもしれませんが、素敵なお店はたくさんあります。

ぜひみなさんも横浜にいく機会が、あれば少し足をのばしてみてはいかがでしょうか。

これからもブログで様々な横濱の素敵なお店を紹介していきますので、興味があればぜひまた見てください。

以上、早乙女まどか(@________saotome)でした。

あわせて読みたい
馬車道のCharcoal Grill Green(チャコールグリルグリーン)で肉肉しいランチを。こんにちはこんばんは、毎週末のランチは必ず家近くのお店を彼女と一緒に開拓するために、日焼けを恐れつつも外に出ている早乙女まどか(@___...
ABOUT ME
早乙女まどか
早乙女まどか
彼女と僕、そして猫一匹の横濱桜木町での同棲生活を綴ります。写真やグルメ情報中心に生活のちょっとした工夫や日々の何気ない幸せを皆様に伝えていきます。