カフェ

雨音が美しい午後の休日はアート&シロップで。

僕は雨の日が好きです。

暗いし、ジメジメしているし、なんとなく憂鬱にな気分になってしまう人は多いかもしれませんが、だからこそ、家に籠もってやらなければいけないことを消化する日にも出来ますし、少しくらいの雨なら、傘をさしてゆっくり目のペースでお散歩すると、いつも通る道でも、また違う一面が見えて面白い発見があったりします。

今日はそんな梅雨入りの雨の日。

こんにちはこんばんは早乙女まどか(@________saotome)です。カメラ好きにとって、雨の日はシャッターチャンスな日でもあるので家の中でグズグズしているわけにはいきません。

ということで、以前から気になっていた近所にある「アート&シロップ」というカフェにお昼ごろ足を運びました。

アートで感性を磨く

場所は横濱。ブルーラインの阪東橋駅から徒歩3分程度の距離にある小さな町のカフェです。

店内は6畳ほどの小さなスペースですが、その小ささがかえって居心地の良さを際立たせている、そんな素敵な空間が中に広がっていました。

お店の看板が可愛いのはいうまでもありませんが、このお店の文字もすごくこだわりが見えて。

このお店のコンセプトは、アートと喫茶

その2つが交差する時、人生にささやかな彩どりが加えられる。

そんな素敵な想いが込められた空間が広がる店内では、ささやかなBGMが流れ店主の方がにこやかに対応してくださいます。

また今回訪れることは出来なかったのですが、隣接する「Art and Syrup plus」では常設のアートブックを自由に閲覧できる他アートや本にまつわるイベントなどが開催されているとか。

また、店内でも常にアーティストとコラボレーションが開催されており、今回もとあるアーティストの方のハンドメイドの品々が可愛く展示されていて、それを眺めているだけでも、とても素敵な時間を過ごせそう。

外からかすかに聞こえる雨音、店内のBGMが絶妙に混ざり合って、それが心地よくて。

カフェとアート

今回足を運んだ時は、横浜出身の林美和子さんというハンドメイドのぬいぐるみ制作を中心に活動をされているアーティストの方とコラボレーションをされていて、店内には可愛らしいぬいぐるみが。

元の店内のインテリアと喧嘩することもなくマッチしていて、あたかも元からそこにいたような佇まい。タイル張りのカウンター席の壁もとっても可愛くて。

カウンター席の椅子もアート。

緑と赤の可愛いコンビになっていました。

店内のインテリアは統一感があり、温かみを感じます。

もはや、お店そのものが一つの作品のよう。

そこに迷い込んだ彼女と僕は、まるで物語の登場人物のような気分に。

ソーダとコーヒーと

今回彼女と僕が注文したものは

  • あんバタートースト
  • 夏みかんシロップソーダ
  • コーヒー味パウンドケーキ
  • ドリップコーヒー(ゲイシャ豆)

コーヒーが飲めない彼女はもちろんソーダ。僕はもちろんコーヒーを。

ここのお店で提供されている料理に使われているコーヒーの豆やトーストは、地元でも有名なベーカリーや豆屋さんから取り寄せているとのことで期待も膨らみます。

その場で豆を挽いてドリップしてくださるコーヒーはやはり格別。

普段コーヒーをよく飲むのでわかるのですが、とても丁寧にドリップされた味わいが本当に美味しくて思わずにやけてしまいます。

彼女のソーダもほんのり甘く爽やかな夏の味で美味しかったです。

そして待ちに待ったパウンドケーキ。

これが、とっても美味い。

添えられている甘くない生クリームと餡をつけていただくケーキが、こんなにも優しい味だとは想像できませんでした。

彼女がオーダーしたトーストも美味しそうでした。

雨の日ということもあってか、お客さんは僕たち2人以外には誰も来ず本当に緩やかに流れる時の中でくつろぎながら、アートに触れ、美味しいものをいただき、とても素晴らしい時間を過ごすことができました。

まとめ

雨の日でも、その雨音を楽しめるような、とても素敵な空間が広がる6畳ほどの小さなカフェ。

その小さな空間の中に広がるのは、アート。

まるでそのカフェが一つの物語のような佇まいで、そしてここからたくさんの物語が生まれるようなアート・カフェ・人が交差する空間

阪東橋駅という、横浜に足を運ぶにしては少しずれたところにあるカフェですが、間違いなく僕は何度も通うに違いない、そんな素敵なカフェでした。

8月には写真家の方とコラボレーションをされるとのことで、それも楽しみにしています。

雨の日だからと言って家に引きこもらずに、こうやって足を動かして様々なところに出かけるとそこにはお店、人、素敵な出会いがたくさん待っています。

皆様も興味があれば伺ってみてください。

そして、偶然にも僕と遭遇したなら、ぜひお声掛けください。

以上、早乙女まどかでした。

 

お店情報

住所:231-0057 横浜市中区曙町5-63-5
電話番号:045-263-1019
営業時間:12~18時
営業日・定休日:HP記載のGoogleカレンダーをご参照ください
URL:https://artandsyrup.com/

 

created by Rinker
¥1,404
(2018/11/17 12:15:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

あわせて読みたい
等々力渓谷に行ったなら、カフェ オモンパカルで最高のドリップコーヒーを。こんにちは、こんばんは、毎週行ったことのないカフェを開拓してコーヒーを飲みたい早乙女まどか(@________saotome)です。もし...

 

ABOUT ME
早乙女まどか
早乙女まどか
彼女と僕、そして猫一匹の横濱桜木町での同棲生活を綴ります。写真やグルメ情報中心に生活のちょっとした工夫や日々の何気ない幸せを皆様に伝えていきます。