お写ん歩

彼女と歩く #たけさんぽ東京

フォトウォークって知ってる?

知らない、お写んぽ?

そうそう、そんな感じ!とりあえず11/24はまるまるあけておいて。

彼女とそんな会話をしたのは、おそらく今年の夏のはじめの頃だったと思います、

僕が初めて「たけさんぽ」というフォトウォークを知ったのは、普段から読んでいるニシムラさんのブログ「No. 26」で、広島で開催された様子のレポート記事を読んだことがきっかけ。

同年代であろう方々、かつ「写真」という共通の趣味を持っている人たちが集まり、楽しそうに写真を撮り歩いている様子を見てとても羨ましく思ったことをいまでも覚えています。

もし「東京で開催されるなら、ぜったい参加しよう」と。

そして、本当にそれが実現しました!

機材

今回参加するために用意した機材は以下のものたち。

  • Leica M3
  • Summar 50mm F2.0
  • Leica M10
  • Apo Summicron 50mm F2.0
  • GoPro Hero7

僕がフィルムで、彼女がデジタルの方を。

つい1ヶ月ほど前までは、僕がデジタルを使って、彼女には以前プレゼントした「Leica Sofort」を使ってもらおうかなと思っていたんだけれど、最近になって、自分の中でのフィルム熱が再発して、いつのまにか手中にはLeica M3がありました。

あわせて読みたい
Leica M3とPortra 400の作例Leica M3を買いました しばらくカメラなんて買わないだろうなと思っていたのですが、気がつけば財布の紐がゆるんでしまい、いつもお世...

フィルムもたくさん用意しました。PortraやらCineStillやら。

6班のメンバーとルートについて

リーダー クリハラさん
若手代表 てんびーくん
その場でカメラを買うやり手 なちょ。さん
イケメンブロガー イノウエさん
彼女 秘密
早乙女まどか

個性豊かなメンバーが集まっており、頼れるリーダーで本当にメンバーに恵まれました。

急遽カメラを買うメンバーがいたりなど、その行動力と決断力には脱帽。

仕事でもプライベートでも、やはり迷う時間ほどムダでもったいない時間はないと思うタイプなので、こういう決断力のある自分よりも若い人がいると、素直に「いいね!」とハイタッチしたくなる気持ちになります。

さて、そんな頼もしいメンバーで回ったルートは以下。

Let’s go shooting!

今回のフォトウォークのファーストロール最初は「EKTACRHOME 100E」というリバーサルフィルム。再販が開始されて品薄状態が続くものなのですが、代官山の写真屋さんに在庫を発見して、ついつい購入してしまいました。

YouTubeの動画用にGoProHero7を回してくれている彼女。

このあとまさかカメラを買うとは思いもせず良い構図と表情のなちょ。さん。

うちの彼女が可愛い。

可愛い。

可愛い。

全体的に青みがかった描写になるのがこのフィルムの特徴なのでしょうか。色温度がタイプです。

白飛びせず、雲の表情が豊かに表現されています。

開放で撮るとSummarのボケが楽しめて最高。

にゃん。

この六角形のフレアもたまりませんね。

さて、ここからは多分Portra400。

東京国際フォーラムといえばポートレイトや上の構図のような写真をよく見かけますが、僕個人としては、8年ほど前に現在の「ZOZO」、当時「スタートトゥデイ」の会社説明会がここで開催されていて、就活生だった僕が唯一参加した会社説明会でもあってなんとなくエモさがこみ上げてきます。

就職説明会なのになぜか会場をライブ会場なみにわかせた前澤さん。

今思うと当時からカリスマ性をバンバン発揮されていました。

決定的瞬間とお昼

その後伝説となる「フォトウォーク中にカメラを買う」という決定的瞬間を捉えているのがこちら。

偉業を成し遂げたなちょ。さんの希望に応えるかたちでお腹がすいた僕たちはお寿司屋さんに。

買ったものをすぐ開封しちゃう様子は、まるでおもちゃを買って興奮している子どものよう。そしてすかさずアルコールを補給するリーダー。

お腹も整えたところで、イタリア街に向います。

外の天気は快晴。逆光で撮ってみると、みごとにsummarの六角形のフレアが発生していて、これを狙っていたので大満足。

イタリア街

イタリア街に到着するやいなや、お手洗いにみせかけてクリハラさんはコンビニでお酒を調達し近場の公園で休憩開始。

フォトウォークはなんだかんだ歩くので、こういう形で休むきっかけを作ってくれるリーダーの心遣いは素敵ですね。(本当はアルコール摂取したいだけ?)

開放で撮るsummarのぐるぐる描写はポートレイトに絶妙にマッチします。

あぁ、可愛い。

イタリア街を撮るというよりも彼女を撮影することがメインになっているフォトウォーク。

普段は機嫌が良くないと撮らせてもらえないのですが今日だけは特別のご様子。

GINZA

クラシックカメラ好きだったり、Leica好きな人であれば馴染み深い銀座。休日は歩行者天国になっていて、実はここには以前もフォトウォークに来たことがあります。

あわせて読みたい
ヴィヴィアン・マイヤーからは程遠いけれど、Rolleiflexを持って銀座フォトウォーク。先日、銀座にて開催されたプロのフォトグラファー、兼モデルもされているイケメンなUlysses Aoki(@ulysses_self)さん...

今日も人で溢れていますが、早速どんどん撮っていきます。

椅子に座り脚を休めるリーダー。

 写真を撮っている姿を撮ろうとする。

女性2人のポートレイトが最高。この色味が好きです。

GINZASIXの地下で喉に潤いを取り戻すその瞬間を捉える。みんなビール大好きですね。

彼女と僕はお酒が飲めないのでみかんジュースとみかんソーダを飲みました。

そんなこんなで時間が差し迫っていたので最終目的地一歩手前の上野へ。

エモい上野

さすがに夕暮れ時で、ISO400のフィルムだと厳しくなってきました。ISO800のポートラと、残っていたISO400のフィルムでなんとか粘ります。

自然と縦の構図が多くなってきます。

ある意味でフィルムの良いところは、写りすぎないところ。

写真というのは心象風景だから、細部まで鮮明に映らなくてもいいんです。

記憶なんてそんなものだから。

赤い色はアクセントになって素敵です。ソール・ライターを思い浮かべてしまいますね。

寒くなってきたし、脚は疲れたしもうすぐ集合時間というところで今日の撮れ高を確認するために喫茶店に入店。彼女もM10でたくさん撮っていたので確認しているようです。

接写モードをさぐるなちょ。さんと彼女。

席が空いていなく2つに分かれたもう片方のみなさんを盗撮。撮れ高を確認して真面目に議論している風ですが、このあと謎にATMに行くと言い出したリーダーとイノウエさんはラーメンを食べて帰ってきました。謎い。笑

おうち

僕と彼女は予定があったため宴会に参加せずここでさよならとなりました。

リーダーとイノウエさんが食べていたラーメンがあまりにも美味しそうに見えて、解散後に彼女とふたりでこっそり食べに行ったことは内緒です。

家に帰りiPhoneの歩数計を確認すると15kmほど歩いていた様子。

ラーメン分はしっかり消費できていますね。

お風呂を済ませると、疲れのせいか髪の毛をろくに乾かさずリビングでYogiboを枕に爆睡する彼女の後ろ姿を盗撮。

ボケ方がSummarっぽくない気がするのですが、Apo Summicronに取り替えて撮影したのでしょうか。僕自身も疲れのせいで記憶があやふやです。

久々に外を歩きまくったので、翌日の連休最終日は家でゴロゴロしておりました。そういうおやすみの日も、たまには良いですね。

まとめ

ブログやTwitterで拝見している方々が多く参加された今回のフォトウォーク。

総勢70名ということで、実際にお会いしてお話できた人もそうでない人も、たくさんの方々が楽しまれたイベントでした。

僕も例にもれずご満悦

最初は緊張していましたがグループのみなさんが気さくで、フォトウォークを通してお互いのことを知り、そして共通の趣味の写真を通して交流し、仲を深める。

本当に素敵なイベントでした。

これをきっかけに、イベント後も参加した方々が各々つながり、写真を通して交流して行き、そしてさらに大きな和になるでしょう。

僕もその一人で「またフォトウォークしましょうよ」なんて声を掛け合ったりしています。

”大人になる”と、友達ってどうしても作りにくいものなのですが、こういったイベントで共通の趣味の友達が増えることは、純粋に幸せですね。

主催者であるたけしさん、そして東京で諸々の調整をしてくださっていた幹事の皆様方、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。とても素敵な思い出と、そして写真がたくさん残りました。

次のたけさんぽも、機会を調整して、ぜひ参加したいと思います。

ではまたみなさん、次のたけさんぽでお会いしましょう!

To Be Continued..

あわせて読みたい
構図を変えるだけでこんなに違う!夕暮れ時の桜木町お写ん歩こんにちはこんばんは、普段は欠かさずカメラを持ち歩いていますが夕暮れの時間に外を出歩くことはあまりないので久々の夕暮れお写ん歩になりまし...
ABOUT ME
早乙女まどか
早乙女まどか
彼女と僕、そして猫一匹の横濱桜木町での同棲生活を綴ります。写真やグルメ情報中心に生活のちょっとした工夫や日々の何気ない幸せを皆様に伝えていきます。