お写ん歩

夏影の鎌倉の海岸は、陽の香りに溢れていた。

朝5時にAlexaに目覚ましを頼み、目覚めた3連休2日目。

今日は始発レベルの電車に乗って鎌倉に向かいます。桜木町駅からは30分程度。横浜で乗り換えて座りながら朝日が登る外を眺めて鎌倉に到着するのを待ちます。

目的は「早朝の鎌倉の海岸沿いの写真を撮ること」です。

今回の装備は「Leica M10」「Elmar 50mm F3.5」「Zeiss Biogon 35mm F2.8 」。

明朝、消える飛行機雲と

まだ朝日が登りきらない時間帯なので少し暗めな部分も。

とは言え少し駅から離れたところは田舎というか、昔ながらの道で、ここで暮らす人達の生活を感じることができます。

道端にとめられたバイクもエモさを感じる。

夏の早朝の田舎道の散歩は個人的に『AIR』というアニメのシーンを彷彿されて少し懐かしい気持ちになります。

まだ日が昇りきっていないのにすでに汗だくですが、目的の海岸までは駅から徒歩で20分。10分も歩いていないのにすでにバテてきました。笑

太陽もだんだんと陽を照らし始めます。

ふく風に素足をさらして

やっと海岸です。振り返ると「ここから」と道路標識が。

まだ朝の6時過ぎだというのにビーチには人がたくさん。家族連れもたくさん。

ちょっと上を散策。

曇っているように見えますが日差しが強くなってきていました。

汗が滲んでも

海岸にはすでにたくさんのサーファーの方々と、地元の方が犬の散歩をしたり人で賑わっていました。

家が海から近いと、こうやって朝から散歩できてすごくリフレッシュできるんですね。真夏の炎天下での散歩はさすがに厳しそうですが、早朝や夕暮れ時の散歩は大好きなのでちょっとうらやましい。

写真を撮っていたら近づいてきた小さな子どもさん。

「なにそれ?」と聞くので「写真だよ」と答えると、とお母さんが「すみません」と申し訳なさそうに子どもを迎えに。

そしてすぐにまた別の物に興味を持ったのがお母さんを置いて走っていき、それを追いかけるお母さん。

 気持ちよさそうに泳ぐ人と波に乗る人。 

流木もノスタルジックで素敵です。

     波を上手く撮ろうとしたのですが上手く行かず。

楽しそうにはしゃぐ犬。

「夏特有のビジネスだ!!!」と思って看板を撮ってみました。この時期はかきいれどきですもんね。

 

夏の空見上げてみれば

何故かみかんが打ち上げられている様子を眺めながらゆるゆると来た道とは違う経路で鎌倉へ戻ります。

同じ道より、違う道のほうが楽しい。そんな理由です。

久々にこんなに早く起きてお写ん歩をしてみましたが、大量の汗をかいたこと以外はとっても素晴らしい時間を過ごすことができました。

日焼けしたくないし暑い気候も苦手なので夏はあまり好きになれなかったのですが、ちょっと好きになった気がします。

今度はもう少し気温が落ち着く秋とか、冬の海もお散歩してみたいですね。

ぜひみなさんもたまには早起きして、普段は行かないようなところをお散歩してみてはいかがでしょうか。

思っている以上にリフレッシュできて、素敵な時間を過ごすことができますよ。

僕からは以上です。

あわせて読みたい
夏草が流れていく鎌倉・小町通りの「ミルクホール」カフェでアンティークに触れる。最高気温が人間の平均的な体温である36度まであがると予報されているこの三連休、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 いつもなら彼女と一...
created by Rinker
¥880
(2018/11/18 07:10:06時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
早乙女まどか
早乙女まどか
彼女と僕、そして猫一匹の横濱桜木町での同棲生活を綴ります。写真やグルメ情報中心に生活のちょっとした工夫や日々の何気ない幸せを皆様に伝えていきます。